スタンダード銀行 マン島

2012-05-26

Sponsors

マン島はオフショア金融センターとして国際的な資産運用の中心地になります。

 

日本の淡路島位の広さの土地で、65以上のオフショア銀行がその拠点を設けています。

マン島は“投資家保護法”という法律が整備されています。投資家にとって投資家保護法は大切な資産を守る法律で、万が一金融機関が倒産したとしても、国が利息を含めた投資残高の最大90%までを保証してくれます。非居住者は税優遇され、預金金利収入、キャピタルゲインズ税、相続税はないので、資産運用するには大きなメリットになります。

タンダード銀行 マン島の口座開設は、お金を送金して郵送で開設することができます。最低預入金額は5000ドルになり、5000ドル以下だと毎月口座維持手数料が1000円位かかります。通貨はイギリスポンドと連動しており、イギリスポンドと等価になっています。インターネットバンキングも整っているので、管理もしやすいと思います。ただ、資料もネットも何もかもが英語表記になるので、言語の問題はクリアしておいた方が良いと思います。

 

マン島にはファンドがたくさんあり、経済状況も金融と産業がバランスよく成り立っています。安全性や安定性、守秘性や保護、非課税、これだけ条件がいいのに、日本にはあまり馴染みがないのは、中東や欧米の投資家を対象としているせいもあり、日本でメジャーにならないというのもあります。

 

オフショア銀行を開設するなら、インターネットバンキングのサービスの内容と、ATMで利用が可能なのか、そういったサービスが充実しているのか調べてから開設することをお勧めします。タックスヘイブンだからとサービスの行き届いていない海外銀行を開設しても、何かあった時にインターネットで処理が出来ない銀行だと、わざわざ現地に行かなくてはならない事態になってしまいます。現地に行くのにお金がかかる上、両替に手数料をとられてしまっては、全く意味がないものになってしまいます。開設しやすく日本にも近いオフショア銀行で、金融が安定し格付けも高い信用のある銀行を選びましょう。非課税で日本より断然有利な資産運用は、とても魅力的ですが、その魅力を逆手にとった詐欺も多い事も自覚しておきましょう。自分のお金を預けるのですから、信用の出来るコンサルタントを利用することをお勧めします。日本のような細やかなサービスはないので、自分の口座の管理はしっかりしておく必要があると思います。

Sponsors
資産運用 rights reserved.