HSBC 香港

2012-05-26

Sponsors

HSBC香港は日本人にとても人気のある海外口座です。オフショア銀行の中でも日本に近く、口座の開設がしやすいという点が人気の理由ではないかと思います。日本人の口座開設がかなり多いのですが、その面日本人の口座凍結も多くなっているのも現状です。口座凍結の理由は、口座を開設してから一年以上、インターネットの登録手続きをしていなかったり、ログインされていなかったり、ログインするためのパスワードやATMのパスワードなどを、3回以上間違えてしまってそのままになっていたりなど、口座を開設しても有効活用出来ないまま、休眠口座になってしまうケースが多くなっています。

 

口座の種類は3種類ありプレミア、アドバンス、スマートバンテージになります。プレミアは口座総残高が1000000香港ドル以上となる方、1000000香港ドル未満となると口座維持手数料が毎月380香港ドルかかります。プレミアの口座は開設されると年会費無料のマスターカードも発行され、他にも色々なサービスがついています。アドバンスは口座総残高が200000香港ドル以上となる方、200000香港ドル未満となると口座維持手数料が毎月120香港ドルかかります。プレミアが富裕層向けならアドバンスは一般向けという感じになります。スマートバンテージは口座総残高が10000香港ドル以上となる方、10000香港ドル未満となると口座維持手数料が毎月60香港ドルかかります。どれも口座開設するには、現地の窓口に行く必要があります。

 

投資口座はスマートバンテージ、アドバンス、プレミアどの口座でも開設する事が出来ます。法人口座のビジネスダイレクは25000香港ドル以上で口座維持手数料無料。25000香港ドル以下だと毎月50香港ドルがかかり、口座開設手数料500香港ドルが必要。ビジネスバンテージは500000香港ドル以上で口座維持手数料無料。100000~500000香港ドル以下だと毎月100香港ドルが必要で、口座開設手数料は無料になります。ビジネスバンテージプラスは2000000香港ドル以上か1000000香港ドル+6ヶ月の取引100000以上か、1000000香港ドル+電子送金48回以上で口座維持手数料680香港ドルが無料になります。法人口座開設は香港法人以外の開設の場合、開設手数料と別途2000香港ドルが必要になります。

 

口座を開設するのは現地でとなりますが、グレードアップやグレードダウンなどの手続きは、郵送で出来るので便利です。ATMカードのPINは口座を開設したら、日本では変更できないので現地で変更してきましょう。

 

 

 

Sponsors
資産運用 rights reserved.