海外口座開設の失敗例

2012-05-26

Sponsors

その国の銀行にもよりますが、海外口座開設をする際の失敗例は少ないと思います。

それはその人が事前によく調べてから現地に行っているという、個人の努力もあるのかもしれません。
今はインターネットで検索すると、海外口座開設を代行でしてくれる業者さんがたくさんいます。

しかし、高額のお金を見ず知らずの人に渡せることが出来るでしょうか?答えはNOだと思います。
海外口座開設を業者に依頼するのなら、せめて現地でのサポートに留めておく方が良いのではないかと思います。

ただ、その銀行によって自力で英語が出来ない場合、口座開設を断られる銀行もあるので、現地サポートの人がいても口座を開設出来ない場合があるので、注意が必要になります。

やはり比較的、口座開設しやすい銀行はHSBC香港になります。

通訳を通しての会話も大丈夫なので、英語に自信がない方も、失敗なく口座開設が出来ると思います。
個人1人で開設する人で、英語が出来ない方には、かなり言語の問題は高い壁になりそうです。日常会話レベルは必要になります。

海外口座開設の際ではないですが、注意していただきたいのは、100万超えの現金を海外に持ち出す場合、税関に申告する必要があります。
もし違反をすると5年以下の懲役か500万以下の罰金ということになるので、申告しなくてもバレないから大丈夫と、安易な考えは当たり前ですがしない方が良いと思います。

海外銀行の口座を開設するのは、それほど失敗することは少ないですが、問題はその開設の時よりは、開設してからのトラブルの方が多いようです。インターネットバンキングの登録や、その銀行口座の管理に関してのトラブルはかなり多そうです。
海外の銀行なので、何かあった時は現地に行かなくてはならない事もあり、そういった面でのリスク回避は必要ですね。

海外の銀行にもよりますが、現地の紹介がないと口座開設出来ない銀行や、ある程度まとまった預金が出来ないとダメな銀行もあるので、現地に行ってから失敗にはならないように、口座開設しようと思っている銀行の開設情報など、よく調べてから出発しましょう。

海外銀行の情報はインターネットで簡単に調べる事が出来ます。ただ気を付けていただきたいのが、インターネットでの情報が恐ろしく古い情報もあるので、海外口座開設のサポート業者に質問した方が、新しい情報を得る事が出来るのではないかと思います。

敷居が高い海外銀行は特に情報が必要だと思います。

Sponsors
資産運用 rights reserved.