海外投資のために海外銀行口座を活用する

2012-05-26

Sponsors

海外銀行口座を開設する理由に、日本の財政破綻のリスク回避や、財政破綻時のインフレの回避、日本の銀行の倒産による資産の損失を回避などの理由がありますが、海外銀行の口座を活用する事は日本の銀行を活用するよりも大きなメリットがあります。

海外銀行口座を活用するメリットは、日本の銀行よりも海外の方が利率が高いこと、金融商品がとても豊富で日本より手数料が割安なこと、そういった理由から海外投資のために海外口座を活用する人が増えています。

今は資産を運用するのには日本の銀行より、海外の銀行の方が有利なのですね。

そもそも海外投資とは何なのか色々な疑問をお持ちの方がいると思います。海外投資とは海外の金融商品に投資をするということです。オフショア投資という言葉もよく聞きますが、オフショア投資とは投資の収益に対する課税がない、もしくは税率が低い国や地域にある投資商品に投資をすることになります。

海外投資で海外銀行口座を活用することで、その国の銀行の様々なサービスが受けれるのも魅力的なことです。

インターネットを使った出し入れも楽なのも良いですね。ただ気を付けなければいけないのが為替レートです。

海外投資で利益を出せても、為替レートが悪いせいでせっかくの利益も台無しになりかねません。
外貨を円にする手数料もかかるのと、金額が大きければ大きいほど為替レートが響いてくるのとで、海外投資で海外銀行口座を活用するなら、特に注意が必要だと思います。

海外投資をするならオフショア銀行がお勧めですが、日本人に人気のオフショア銀行はHSBC銀行になります。

何故HSBCが人気なのかは、口座を開く条件が厳しくないのと、現地で行って口座を開くのに、やはり日本から近いことというのが、1番の人気の理由だと思います。

海外銀行口座を開設してからも、口座維持手数料などもかかります。
口座維持手数料は銀行によって違うので、開設する際は色々と調べてから開設するのが良いと思います。

日本でも金融投資商品は買えますが、日本の銀行は手数料が高く、預金していても少しの利率しかつかないので、海外の銀行に比べて不利な事が多いのは皆さんがご存知の通りです。

海外銀行だったら預金をしているだけで日本より全然金利がよいので、海外投資だけの活用だけではなく、幅広い活用ができるのではないかと思います。

海外銀行口座の開設をするのは自分の資産を守ることにもなるので、大きな意味を持つのではないでしょうか。

Sponsors
資産運用 rights reserved.