海外口座で送金する方法

2012-05-26

Sponsors

海外口座で送金する方法ですが、日本から海外の銀行の口座に送金する場合、手数料が発生します。

日本の銀行でも他銀行に振込みする場合、振込手数料がかかりますが、それと一緒で海外送金手数料がかかります。
また途中の中継にかかる手数料と、受け取る銀行に払う手数料がかかります。

またその日の為替レートや銀行の上乗せレートによって、金額に変化が出てきます。
この上乗せレートや為替レート、海外送金手数料は、その銀行によって違いがあり、それぞれの銀行の手数料は、ネットで簡単に調べる事ができます。

海外の銀行の口座によっては、電話で送金の手配ができる所もあり、口座番号と専用のパスワードで、本人確認がとれれば送金ができるという簡単な送金の仕方もあります。その他にもFAXやインターネットで送金できる方法もあります。

国際キャッシュカードを持っていると、クレジットカードのキャッシングより手数料がかからなく、ATMで24時間365日いつでも現金を引き出す事が出来ます。

ただ、少しずつ何回も引き出しをしたりすると、結局手数料が高くつく事になるので注意が必要です。

そしてそのATMも都会ではありますが、田舎だったりするとATMが少なかったり、為替レートが悪いなどデメリットもあるので、その手段ばかりを当てにするのも問題です。しかしメリットとデメリットがハッキリしている分、使いやすいという面もあるのではないでしょうか。

送金する場合の手数料は銀行によって違いますが、例えでゆうちょ銀行だと手数料が2500円かかります。
これは他の銀行に比べると比較的手数料が安いようです。

あとインターネットからだと銀行の窓口より割安にすみます。結局はどの方法が一番割安でいいのかは、その送金する金額やその日の為替レート、外貨によっても変わってくるので、どこが良いとも言えないかもしれません。

何をするにも手数料が高くとられてしまいますが、送金に関わる事は海外銀行によっても、日本の銀行によっても変わってくるので、自分の使い勝手のよい方法をとるのが一番かもしれません。

そんなに送金する金額が多くないのであれば、国際キャッシュカードでの利用でも、良いのではないかと思います。
そして送金する場合、為替レートをチェックしておくのも重要です。
その為替レートによってはかなり損してしまう場合もありますし、得する場合もあるので知っていて損はないのではないかと思います。

Sponsors
資産運用 rights reserved.