海外口座の種類

2012-05-12

Sponsors

日本の銀行にも普通口座や定期預金口座などがありますが、海外の銀行の口座にも色々な種類があります。

個人向けの口座と法人の口座、定期口座の種類によって金利が違ってきたりします。
なのでその銀行にどのような理由で口座を開設するのか、それによって口座の種類を選ぶ必要があります。

海外の銀行は利用者の資産の状況によって、受けれるサービスが明確になってきます。

1000万円の定期をした場合、金利もよく送金などの手数料も4~5千円かかる手数料が無料同然になってしまうなど、格差が明らかに違います。
海外の銀行によって当座預金、利付き当座預金、普通預金などの種類に分かれており、預金残高の条件がついていたりします。

それぞれに口座維持手数料が必要になり、その種類によって手数料が変わってきます。預金残高が下回ると口座維持手数料がかかる所もあります。
富裕層向けの口座では手数料が高い分、その預金金利も高く、金融商品の優遇も受けられ、資産運用をするにはとても便利なサービスがあります。

海外の銀行には富裕層向けの色々なサービスの受けられる口座がありますが、それとは別に一般向けの口座も勿論あります。

海外の銀行はインターネットで送金自由にできたり、現地通貨で現金が引き出せるため、旅行が多い方には便利な利用が出来る理由から、海外の口座を開設する方が多いと思いますが、そういう多額の資産運用を考えていない人向けの口座もあります。

多額のお金を預金する口座に比べて、一般向けの口座は口座維持手数料も安くなっているので、こういった口座を開設するのが良いのではないかと思います。

日本人にも人気な海外銀行のHSBCで例を挙げると、個人向けの口座の種類は3つあり、プレミア、アドバンス、スマートバンテージがあります。

プレミアは富裕層向け、アドバンスが普通一般の人向け、スマートバンテージは比較的お金を持っていない人向けになっています。

やはりそれぞれ口座維持手数料も違い、対象の預金残高もそれぞれ決められています。受けられる金利もサービスもその口座の種類によって異なってくるので、どの種類の口座を開設するのか、理由や資産状況によって分かり易くなっているのではないかと思います。

このように海外の銀行の口座は、HSBCだけではなくどこの国の銀行でも種類がいくつかに分けられていて、その銀行によってサービスの内容も違ってくるのと、口座にかかる維持費も違ってくるので、むやみに口座を開設するのは注意が必要だと思います。

Sponsors
資産運用 rights reserved.