海外口座開設のメリット

2012-05-12

Sponsors

何故海外の銀行に口座を持つのか?何かのメリットがないと誰もわざわざ海外に、銀行を開設しようなんて考えないと思います。

では実際に海外口座を開設する事で何のメリットがあるか、その1つは日本の財政破綻時のリスクの回避になります。
今日本に何かがあって、円が暴落した時に備えて、金融が安定して格付けも高い、信用のある海外銀行に資産を移動させて、海外の通貨にしておく事でかなりのリスクの回避になります。
この理由だけでもかなりのメリットがあると思われますが、海外口座のメリットは他にもあります。

日本の銀行は金利が低いですが、主要先進国でここまで金利が低いのは、日本だけになります。

海外の銀行なら日本の銀行より金利が高く、預金をしているだけでも海外の銀行の方が有利になります。
海外の銀行は平均して1%~3%の金利がつきます。
また運用益にかかる税率が低いので、資産運用するには海外が有利なのですね。

多くの資産を持っている人には心配な、銀行の倒産ですが日本のペイオフは1千万までしか返してくれません。
そういった時の資産の損失を回避する為に、信頼性の高い海外の銀行に資産を保全するのもメリットになります。

この他にもよく海外に旅行に行かれる方などは、海外口座を開設しておけば、現地通貨で現金の引き出しが出来たり、インターネットを使って送金が自由になったり、その銀行のカードで支払いが出来たりと、日本の銀行だと手続きが面倒な事が多いですが、海外ならカード1枚でかなり便利な利用が出来ます。

このように海外の銀行に口座を開設する事で、金融破綻時のリスク回避、インフレリスクの回避になりますが、日本が必ず金融破綻が起きるとは限らないですし、金融破綻時の預金封鎖のリスクの回避をするためだけの理由ではないのですね。

海外の銀行は普通に預金しているだけでも日本より金利が高く、高利率の金融商品が多くあるので、資産運用するには海外の銀行が有利という点も、海外口座開設のメリットとしてかなりの魅力になります。

このような資産運用だけではなく、海外の銀行は日本よりサービスがよいので、旅行時もストレスなくサービスが使えるのは、旅行好きの方にはお得な情報なのではないでしょうか。

わざわざ海外の銀行に口座を開設する理由としては、十分なメリットになります。

かといって、海外の銀行を開設するためだけに、海外に行くのはとても現実的ではないので、旅行に行ったついでに海外口座の開設をする方が増えているようです。

Sponsors
資産運用 rights reserved.